投資としてFXを見た場合の取引手法

近年は、FXを投資ではなくデイトレードやスイングトレードなどの投機として考える人が少なくありません。実際に、FX業者から提供されるサービスには短期的な投機へのサービスを充実させている会社も存在します。
短期的な売買での手数料軽減させたりすることによって、より短期の売買をしやすく工夫をしているのです。では、元来通りの投資としてFXを考える場合にはどのような取引手法で利益を出せばよいのでしょうか。



基本的に、レバレッジなどの倍掛けによって利益を出す方法は投資には向いていません。

投資の場合には、レバレッジではなくスワップという金利を利用して利益を出していくことが普通です。
日本国内では、金融機関に対してお金を預けるとわずかながら金利をもらうことができます。
しかし、金融機関の金利は定期預金であったとしてもわずか1%程度の金利しか付与してもらうことができないので、一般時からすると体感することが可能な利益とは言えません。しかし、外貨には日本国内の金利とは違った高い金利を持っている通貨がいくつも存在するのです。



スワップというのは、こうした通貨同士の金利差を利用して長期的に利益を出すための取引であるといえます。

確かに、日本国内では1%程度しか取得できない金利なのですが、海外では5%を超える金利も珍しくありません。

最近ではトルコリラが着目されています。

こうした小さい金利と高い金利の差を利用することによって、長期的に大きなお金を得ることができるようになっているのです。